投稿日:

希少品 セイコー グランドセイコー50周年記念モデル 金獅子青文字盤 SBGR075 300本限定 レアシリアル個体 中古極美品 ご成約。

どうも。


先日は希少品 セイコー グランドセイコー50周年記念モデル 金獅子青文字盤 SBGR075 がご成約。


今回は当店常連のお客様でございます。


限定モデルにも色々ありまして、どれだけ専用設計になっているかというところで私のアンテナは反応して参ります。

文字盤の色だけ変えたモデル。

裏蓋に刻印だけ入るモデル。

最近の限定モデルと言えばこんな感じのライトなものが多い印象です。

2008年頃を過ぎてからの強い印象として時計メーカーの効率化への意識の高まりを感じます。

どれだけパーツを共通仕様にしてストックの種類を減らすか、付属品を統一して委託生産する箱の種類や冊子を減らすか。

ビジネス上仕方が無いのですがどんどん効率的な方向へ進んでおります。


その中にあって限定モデルからは感じる事。いわゆる本気度というやつです。


近年で言えばオメガの007スペクターモデル、あれは素晴らしいモノです。箱から時計付属品に至るまで細部にわたってこだわりを感じます。きっと007好きな人が企画会議にいたのだろうと推測できるほどです。

後はチューダーのハロッズリミテッドのブラックベイも同じです。文字盤、裏蓋、針、ベゼルと外装の大半の場所が専用デザインとなっており、明確に通常生産品との差別化を感じる事が出来ます。


そして限定モデルが多いセイコーの長い歴史の中でもこの50周年モデルは個人的グランドセイコー史の中でも最も限定らしい限定と言えると思います。

専用の文字盤に獅子の彫刻を乗せて、その下には50周年を祝う筆記体の文字。裏から覗くローターには獅子のメダル。箱は専用の横長設計、50周年記念のピンバッジも特別に付属いたします。

このぐらい気前よくやって欲しいモノです。これでこそ限定です。

その中でも頂点とも呼べる番号がご成約。


怪物セイコーコレクター様の下へ旅立って参りました。


いつもお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

最後に至高のブルーリミテッドは行くべき場所へショットで締めでございます。

投稿日:

オメガ スピードマスターCK2998 2998本限定 311.32.40.30.02.001 未使用品 ご成約。

どうも。



先日はオメガ スピードマスターCK2998 2998本限定 311.32.40.30.02.001 がご成約。



今回は当店常連のお客様でございます。


スピードマスターを見ていつも思うのですが、販売開始直後よりも少し時間が経ってから評価されるものが多い気がします。


スピードマスターの丸井限定やスピードマスタームーントゥマーズなど、販売していたころは店頭で普通に売ってましたし中古市場にも潤沢に在庫していたイメージがあります。

ちなみに私も最近スピードマスターが1本欲しい症候群に駆られております。
これがまた手放すと欲しくなるんですよね。

ところが製造終了して数年経つと何故だか急に気になる人が増え始めていつの間にかあまり見かけなくなってしまう。


そういう現象が良く起きている気がします。


今回販売のCK2998スピードマスターも、斬新なカラーリングという事もあり発売当初からファンは多かったと思いますが、Cal321のスピードマスターが復刻して以来スピードマスター2nd関連のフェイスをしている文字盤は再注目されておりますので以前よりも勢いがある様に感じます。

60年以上前のデザインが2022年の今も人々を魅了してやまない。こういうところも時計の面白いところでしょうか。

結果として名デザインは時を超え愛されるのでしょう。




気持ち良くお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

最後にトリコロールカラーのクロノグラフには世の男性は弱いですショットで締めでございます。

投稿日:

ROLEX デイトナ 116520 白文字盤 D品番 2006年旧バックル ノンポリワンオーナー裏蓋シール残り正規中古品 ご成約。

どうも。


先日はROLEX デイトナ 116520 白文字盤 D品番 2006年旧バックル ノンポリ品がご成約。


今回は当店常連のお客様でございます。


さて今回は時計にスポットをあてていきます。


116520デイトナ。

かなり細かく仕様が細分化されているのが特徴でして。デイトナというものは一体最後には何が評価されるのか分かりません。



例に挙げると16520のシングルバックルはかつて「古いからダブルに変えてくれ」と嫌われた時代がありました。それが現代になると個体が少ない為かシングルバックルは珍重される様になったのでございます。



116520の前半はブレスレットが独特な丸い穴の開いた形をしております。

ロレックスというメーカーを長く扱ってきて思う事はロレックスというメーカーは意味の無い事はしません。

きっと理由があって穴の開いたデイトナ専用バックルを製作したはずです。
しかしその意味が分かるのはずっと後のことなのでしょう。





今回の個体はまさにワンオーナーの極上品でございます。

こういった間違いなくワンオーナーと断言できる個体も減ってきていると思いますので、デイトナの相場が落ち着いている時期に素晴らしい判断での購入だと思います。





いつもお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

最後に何個もロレックスを比べてみればよい個体は一目瞭然ですねショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス エクスプローラーI 14270 トリチノバダイアル U品番 USA保証書 シール残り中古極上美品 ご成約。

どうも。


先日はロレックス エクスプローラーI 14270 トリチノバダイアル U品番 USA保証書がご成約。


今回は当店常連のお客様でございます。


最近エクスプローラーI人気が凄まじいです。
綺麗なエクスプローラーを仕入れてガッツポーズしていると2日ぐらいで無くなってしまいます。嬉しいやら、寂しいやら 笑


多分長年5桁ロレックスを追いかけて来た人ほど、

「もうすぐ買えなくなりそう」

という薄い予感を持ちながら90年代5桁ロレックスを探している気がいたします。

と言うのもこれだけ時計店が増えてネットショッピングが盛んでございますので、連日のネットパトロールにてユーザーの方の個体に対する見識がかなり深くなっているのを感じております。


ですから綺麗な個体ほど人気が集中して、実は箱、保証書があってもバットコンディションの個体には手が挙がらなくなっている様に感じます。


造られてから20年以上経つものをそういった皆さんで取り合いをして、かつ円安ですから海外からの引き合いもあるとなると。まぁ良いモノは無くなりますよね。


今から増え続ける現行品ともう増えない旧型モデル。そこには数が増えないという絶対的な違いがあります。

買えるものは、買えるうちに、そして手放してはいけないものは、手放さず。

このスタンスを長年徹底しているお客様の手元にお金で買えない時計が沢山残っていることでしょう。

US保証書、シール付き変色トリチノバダイアル、極上個体。

値段が高い時計、とお金で買えない時計は違います。

最近感じるのは値段が高くて、誰も欲しくない時計が増えたなと。


その中でエクスプローラーの様な実際の需要を伴った時計が売れるのは、今の世相を反映している気がします。

実需無き時計の値段は幻想です。欲しい人がいて初めて需要と供給のバランスにより値段は決まるものです。


エクスプローラーIの使いやすさ、堅牢な造りがあり、それをたくさんの人が認めているからこそ値段に対して納得して購入できるのでしょう。

ガシガシ使える時計がトレンドなんだと思います。


いつもお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

最後にエクスプローラー好きはエクスプローラー着けてエクスプローラー買いに来るショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス エクスプローラーI 14270 オールトリチウム シングルバックル S品番 シール残り中古極上美品 ご成約。

どうも。


先日はロレックス エクスプローラーI 14270 オールトリチウム シングルバックル がご成約。


今回は当店常連のお客様です。


2022年の初頭までは派手で花がある時計が流行りだとすれば、今は明らかに質実剛健な時計が流行っていると言えるのだと思います。


エクスプローラーの良個体は入荷してもすぐに旅立ってしまいますね。

流行を追い派手なモノに目が向いた後は、毎日しっかり使える時計に目が向くものです。


今回のお客様もかつては手放したエクスプローラーIがやはり使いやすい時計であったなと思い返してのご購入でございました。


棚に飾っておく時計を眺める事から、毎日さくっと使える時計へのシフトチェンジ。



これは多くの人に起こっている現象だと思います。

価値を追いかけた結果、自分の好きなモノに徹する。という現象だと思います。


そして戻ってきた時にロレックスの5桁は実家の様な安心感で迎えてくれるんですよ。
ありのままの自然体で着けれる時計で背伸びもせず、楽に取りまわすならやっぱりエクスプローラーIなのだと思います。


実物をご覧頂いて即決で決めて頂きました。
綺麗な個体に巡り合える機会もますます減っていくことでしょうから、大事にお使いくださいませ。


いつもお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

最後に毎日使えるお客様の1990年代ロレックスショットで締めでございます。

投稿日:

オーデマピゲ ロイヤルオーク36 14790ST グレー文字盤 正規2001年 付属完備正規中古極美品 ご成約。

どうも。


先日はオーデマピゲ ロイヤルオーク36 14790ST グレー文字盤がご成約。



今回は当店常連のお客様でございます。







サイジング。



ファッションでもインテリアでもクルマでも最重要な要素だと思います。


そして自分に合うサイズのモノを選ぶ。これは大人にしか出来ない判断だと思っております。


サイジングとは自分を客観視出来てはじめて出来るものだと思っておりましてモノに憧れ、その威にあやかっているうちには出来ない事でございます。


勿論自己満足を貫くのも一興、時計趣味とは誰にやらされている訳では無いのですから。

今回のお客様は以前は39mmのロイヤルオークを着けていらっしゃったのですが、腕と時計の間に出来る隙間や腕とのバランスを考えて36mmにダウンサイジングされたとの事でした。

ロイヤルオークはサイズ変更をなさる方も非常に多く、特に「重さ」「薄さ」はモデルや年代に応じてかなり差がありますので2本目に本命サイズに至ることが多いです。


今回も熟考を重ねてやはり36mmロイヤルオークがこの先の未来を見据えても正解なのではないか、という結論に至りました。

39mmエクストラシンと36mm 14790STは薄さも他のロイヤルオークと比べて非常に薄く取り回しも抜群ですから。

いつもお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

最後にジャストフィットを目指した敢えての36mmショットで締めでございます。

投稿日:

パネライ ラジオミールロゴ 3デイズ PAM00753 2018年9月印鑑 展示未使用品 ご成約。

どうも。



先日はパネライ ラジオミールロゴ 3デイズ PAM00753 2018年9月がご成約。



今回は当店常連のお客様でございます。


ラジオミール。


実はダイバーズウォッチの祖先と言えばラジオミール。


個人的には横にすると懐中時計に見えるので、クッションケースの懐中時計にワイヤーを溶接したのでは無いかと思ってます。あながち遠からずなのでは無いかと。

イタリア海軍が「特殊潜水時計の開発プロジェクト」を発足したのが1935年。その後1936年3月にパネライがラジオミールの試作品を納品、そして2年後の1938に完成品が正式にイタリア海軍に納入。


ちなみにこの時の時計はロレックスがコルトベール社製の懐中時計用ムーブメントを用いてパネライの為に製作したものでした。

つまりサブマリーナ開発前にロレックスはラジオミールの開発を手伝っていた訳です。


ですからロレックスマニアの方にパネライファンの方が多いのは偶然では無く、元々メーカー同士が仲が良いですし、ラジオミールの開発を経て、サブマリーナが完成している訳です。


なのでどこかに同じエッセンスは隠れている訳なのです。


と、こういう歴史を感じながら腕にするのがラジオミールの楽しい着け方な訳です。

ロレックスが製作を手伝っている、というだけでラジオミールの見え方が変わりませんか?

こういう知識が入ると、パネライは3倍楽しいのです。


と、いう事で初ラジオミールを気持ち良くお買い上げでございます。


いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。


最後にピースサインでお持ち帰りのラジオミールで締めでございます。

投稿日:

ロレックス エクスプローラーI 14270 P品番 正規中古美品 付属品充実 ご成約。

どうも。


先日はロレックス エクスプローラーI 14270 P品番がご成約。


今回は当店常連のお客様でございます。



もう何十年も時計の趣味を続けてこられておりたくさんの時計をお持ちのお客様。




当然エクスプローラーIは何度も視界に入っていた時計です。
しかしながらここへきてエクスプローラーをご購入となりました。




今回のお客様が時計を選ぶ際のポイントは「ストーリー」です。


ただモノを買うにはあらず、そのモノが一体どういう道筋を辿って自分の下へ辿り着いたのか、そしてロレックスには1つ1つ細かな違いがあります。

その狂気の果てに分かる違いがあるのでございます。




見比べる事が少ないロレックスですが、年代や生産場所によってかなりの違いがあります。

つまりあなたのロレックスは、あなただけのモノであって同じに見えているうちはまだまだ。
時計の資産価値は詳しくても、時計の細かな違いには鈍感になっているような気がします。




今回の個体もいつもと同様に前オーナー様から今回のオーナー様へ綺麗なままバトンタッチされました。



時計を並べていると時計に吸い寄せられる様に今回のオーナー様が現れました。
そしてなぜ当店に来たのか、何となく寄ったとの事ですが、よく覚えていないとのこと。

そして私には話しておりませんでしたが14270を探されていたとのこと。

完全に引き寄せあってるんですよね。


時計は必ず向かうべき場所へ向かいます。
私がどんなに頑張って接客しても縁が無い人のところへは時計は行きません。

そう強く感じる販売でございました。


いつもお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

最後にお持ちのロレックスエアキングと小ぶりなロレックスコンビショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス エクスプローラーII 16570白 シングルバックル オールトリチウム E品番 1991年 極上中古美品 ご成約。

どうも。


先日はロレックス エクスプローラーII 16570白 シングルバックル オールトリチウムがご成約。


今回は当店常連のお客様でございます。



いつか40mmだった頃のエクスプローラーIIと呼ばれるのでしょうか、いやすでに今がそうなのかもしれませんね。



42mm径へと大型化したエクスプローラーIIは新旧のモデルでハッキリと購買層の違うモデルでございます。

2021年にエクスプローラーIが36mm径にサイズダウンした時に36mmはエクスプローラーI、40mmにエアキング、41mmにサブマリーナ、42mmにエクスプローラーII、44mmにシードゥエラーとサイズごとに盤石の体制をひいたのだと思いました。

サイズごとに似合う手首の幅や太さは差がありますので、ロレックスは幅広い購買層へアプローチしているのだな、と思います。

ほとんどが40mmサイズだったモデルを大きさごとに細かく分類分けした、ここ10年の動きですね。


そして2mmものサイズの変更と針の大きなデザインチェンジがあったエクスプローラーIIはもはや別の時計なのだと思います。



そして今回ご購入されたのは40mmエクスプローラーIIに魅了されているお客様。

16570の白を着けて、16570をご購入されにいらっしゃいました。

筋金入りでございます。


本当に良い個体は余計な説明は不要ですね。見た瞬間に良さが伝わるものです。

ここまで綺麗なシングルトリチウムを見てしまうと今後買う時にも目が肥えてしまって逆に辛いのではないか?と思うぐらい綺麗な個体でした。

シングルトリチウムももう生産されてから30年、針は腐食が始まりオールトリチウムを維持するのが難しい個体が出てくる頃です。こういった個体を選んで所有出来ている方は今後面白いだろうなぁ、とも思います。


いつも気持ち良くお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

最後にエクスプローラーIIを持って、エクスプローラーIIのご成約写真を撮影していてよくわかりませーん!!ショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス サブマリーナデイト16610 オールトリチウム W品番 中古美品 ご成約。

どうも。


先日はロレックス サブマリーナデイト16610 オールトリチウム W品番 中古美品 がご成約。


今回は当店2回目のお客様でございます。
そして先週に続き2週連続でのお買い上げでございます。

まさかの翌週にお会いするとは思っておりませんでした(笑)


5桁スポーツの魅力とは。

・40mmという日本人に親しまれるサイズ感

・軽さ(150gアンダーの時計は本当に着けやすい)

・ラグからブレスレットにかけての流線フォルム

・実用、メンテナンス性。ROLEX3100系ムーブメントは怪物。

・個体差がある。似ているようで少しずつ違う。

・不変性。いつまでも変わらない基礎デザイン

とまぁあげていけばキリが無いですね。

時計に資産性が色濃く出る前から愛されている実際にお金を出して、損してでもいいから着けたい人がいた頃のロレックスでございます。

同世代の他社製品と比べても、バネ棒とネジなどの消耗部品でさえ太く堅牢に、簡単に外せるローターのおかげでOH作業時間短縮メンテナンスする人の事も考えている機械。

ロレックスが3針自動巻き業界でサブマリーナを作り続ける限りそれがベンチマークとなり、ダイバーズウォッチを作る全てのメーカーが意識せざるを得ません。

そしてそれに追いつき追い越せと技術革新や性能向上に努めます。
すなわちサブマリーナは高級機械式時計のスタンダードを作っている時計なんだと思います。

そして3針自動巻き時計の王道ど真ん中の時計をするからこそ、他の時計と比べて何が優れていて、何が優れていないのか。

そういったことも教えてくれる時計でございます。



そして今回のお客様でございますが、箱保証書有の完品の5桁スポーツが大好物との事で当店にも足繫く通って頂いております。

特にこのトリチウム時代の5桁スポーツがお好きとの事で共感するお客様も多いのではないでしょうか?

実用性と雰囲気どちらも兼ね備えておりますのが1990年代のロレックスでございます。やはり大事に使えば長く使えますし、どんどんエイジングも楽しんでいけます。

良い個体を厳選して並べて参りますので是非ともまた覗いて頂ければと思います。

着も良くお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

最後にサブマリーナはこれからも現役で動き続けますショットで締めでございます。