投稿日:

ロレックス GMTマスターII 青赤ベゼル126710BLRO 2020年6月 ジュビリーブレスレット ノンポリ極上美品 ご成約。

どうも。





先日はロレックス GMTマスターII 青赤ベゼル126710BLRO 2020年6月 ジュビリーブレスレットがご成約。





今回は当店常連のお客様でございます。



ロレックスの面白いところと言えばブランドとして単一では無くロレックスというブランドの中でもモデル同士の競争が起きているところでございます。




2024年初頭の相場を振り返って見るとデイトナは現状維持微マイナス、エクスプローラーは下がり基調、GMTマスターは急上昇と言った具合ですので

よくお客様にロレックスはどうですか?と聞かれるのですが、

ロレックスの中でも比較競争があったり個別に上がったり下がったりしているので何とも答えようが無いというのが本当のところです。

個別に評価されているものと調子が悪いものがある。というのが正しい答え方でしょうか。

と、言うよりはどのブランドも新作を出せば売れていたものの差別化出来ていない商品や、冷静に考えると使わない時計などは軒並み相場が下がっているので、

今強い時計と言えば実需のある時計なのだと思います。





簡単に言えば実際に使う人がいる時計ですね。
資産とか投機的とかそういう側面では無く普段から使いやすい時計です。

そういった時計は手放す人が減っていくので市場から数が減りおのずと価値が向上していくのでございます。
しかしそれでも気に入った時計ですから皆さん手放さないですから。いわゆるお気に入りの1本というやつですね。

自分の好きを追い求めた人の方が時計趣味として資産としても幸せになりますよ、という話です。




さて今回のお客様ですが筋金入りのロレックスヲタクの方でございます。

珍しい個体やヴィンテージロレックスについて当店で一緒に時計を持ち寄って研究したりさせて頂いております。

輝くようなエクスプローラーのコレクションから現行品までロレックスというブランドを大いに楽しんでおられるといったところです。

本来はそうやって楽しみながら持つべきロレックスもなんだか殺伐とした側面ばかりが目立っているような気がいたします。

腕時計とは大の大人が社会生活で身に着ける事を許された唯一の「おもちゃ」でございますから、欲しい時計を着けて日々の気分を上げて生活していきたいものです。



笑って時計を楽しんだもん勝ちですね。


いつもお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。


最後に現行のGMTからノンポリの極上1016まで幅広く楽しんでますショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス×バンフォード ミルガウス 116400 カットアウトピンクソナー ドーバーストリートマーケットロンドン 最高シリアル 領収書&付属品完備 中古極上美品 ご成約

どうも。



先日はロレックス×バンフォード ミルガウス 116400 カットアウトピンクソナー ドーバーストリートマーケットロンドンがご成約。



今回は当店常連のお客様でございます。



今回販売したものは腕時計ですが腕時計ではありません。



前オーナー様は時計には全く興味の無い方で、


「単純にデザインがかっこいいから買った」
「時計好きならこれ選ばないでしょ?普通のロレックス買うでしょ」


と本質を突いた事を仰っておりました。
ファッションへの飽くなき情熱が服を買いにをヨーロッパまで行くような、そんな前オーナー様。



突き抜けてるのです。



リセールとか、メンテナンスとか、そういう考えとは全く違うところで時計を見ておられる。そうただのTシャツやスニーカーの様な。


そうなんです。どこまでいっても時計は装飾品の1つです。

価格や広告で神格化されてはおりますがファッションという自己表現の1つに過ぎません。


一度バンフォードのリミテッドフルカスタムの個体を生で見たなら、カスタムはくだらないなんて考えよりも「ナニコレ、メチャクチャカッコイイ」が優先されてしまうのです。


それはきっとファッションというものに全力投球の時代でしか生まれない様なアイテムだからだと思うのでございます。



利益率とか、広告がうまいとかそういう事じゃなく、

「良いものを生み出したらきっと共感して買ってくれる人がいる」

20年前の表参道、裏原、代官山にみなぎっていたファッション熱を今に伝える時計の一つかなと思います。


そして今もその感覚を共有できる方がいるという事です。


購入されたのも筋金入りのバンフォードコレクターのお客様でございます。



商品を見てから購入まで10分ほどでしょうか。
特にこの手の1点しか存在しないような個体は決断の早い方の下へしか参りません。



覚悟を決める早さというところでございますでしょうか。



世代を超えてファッションの火は受け継がれていきました。



いつもお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。



最後に銘品は脈々と受け継がれていくショットで締めでございます。

投稿日:

パネライ ルミノールマリーナ サウジアラビア PAM00456 限定150本 O番2015年 中古極美品 ご成約。

どうも。



先日はパネライ ルミノールマリーナ サウジアラビア PAM00456がご成約。



今回は当店初購入のお客様でございます。



2011年頃のパネライは世界各地でご当地モデルが販売されておりました。

パリ、銀座、ロンドン、ニューヨーク、サウジアラビアなどなど世界の主要都市のブティックがそれぞれその土地にちなんだデザインのパネライを製作したのでございます。



そしてイギリスやアメリカ、イタリアなどは比較的日本人の旅行者が多かったり当時現地で働いていた方が買っていたりするのですが、日本との人の交流があまり盛んでない地域の限定モデルなどは日本では見かける事はほとんどありませんね。



例えば2012年のレバノンのベイルートブティック限定は30本のみの生産ですしレバノンへの日本からの直行便が無い事から気軽に行ける土地ではありませんよね。

その為見かける事もほとんど無いモデルになっております。



そして今回のサウジアラビアも飛行機の直行便が無く、日本から気軽に観光に行くところでは無い土地でございます。


こういったブティック限定のモデルは非常に入手難易度が高く、見かけた時が最後の時になる事が多いモデルでございます。



裏蓋も非常にユニークでしてアラビアンナイトで有名な曲剣が描かれた浪漫あるデザインになっております。



発売当時はこのご当地ブティック限定ルミノール44mmは沢山あるような気がいたしましたが銀座でも100本、200本のフィレンツェと香港モデルを超える300本限定のシンガポールもございますが大半が1カ所150本以下の生産本数になっておりまして気がつけば市場から消えていっているモデルになっております。



人と被りたくないという方にはまさに一期一会のモデルになっております。



ご当地ルミノールマリーナという非常に面白い試みがあったということを知って頂ければなと思います。


気持ち良くお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。





最後に「被らない」というワードには弱いですショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス エクスプローラーI 214270 ブラックアウト 2014年中古極美品ご成約

どうも。



先日はロレックス エクスプローラーI 214270 ブラックアウトがご成約。



今回は当店初購入のお客様でございます。


15年前くらいにサブマリーナを手放してから時計とは縁が無かったのですがもう一度ロレックスが着けてみたいとの事で今回は当店にご注文頂いておりました。



ロレックスからしばらく離れているとまずは値段に驚きますよね。




「エクスプローラーで100万円するんですか!?」

というのが普通のリアクションでございます。





もう少しロレックスってライトな感覚で買えていましたからね。


今思えばパワハラ、残業、通勤ラッシュと苦難と闘いながらたくさんの方が必死に働いていた時代でございました。

それがいいとは申しませんが、懸命に働く土壌というものに「日本円」という通貨が支えられていたからこそロレックスをそこまで高く感じない国民だったのだと思います。


確かに日常から苦難は減ったと思います。それと同時に世界での日本人の立ち位置はこんなにも下がってしまったのかと思います。

全ては等価交換ですから、身近な暮らしやすさと地球での生きにくさを交換したのだなと思っております。


そしてロレックスのみならずモノを買うという事がどんどん困難になっていくのだと思います。





いつかはエクスプローラーIが200万円時代が来るのでしょうか?それとも流石にそこまではいかないのでしょうか。

でもエクスプローラーIが中古で50万円になった時はえらく高く感じたものでございます。

少なからずここ40年間ロレックスの相場というものは短期では上下があったとしても5年ほどの長いスパンで見た場合は確実に上昇を続けて参りました。

アナログな価値感はどこまで生き延びて参りますのでしょうか。



そんなこんなで見事にロレックス復帰を決意する綺麗な個体が見つかってよかったと思っております。



2本目にはパネライを狙ってみたいとの事でした。またお会いしそうな匂いが致しますね。


気持ち良くお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

最後に久しぶりにロレックスに復帰したらエクスプローラーIも大きくなっていたでござるショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス デイトナプラチナ 116506 アイスブルーバケットダイヤ文字盤 2023年2月 中古極上品 ご成約。

どうも。


先日はロレックス デイトナプラチナ 116506 アイスブルーバケットダイヤがご成約。


今回は当店常連のお客様でございます。



今まで買い続けたロレックスを整理してプラチナのデイトナに変えたいとの事で昨年よりご相談頂いておりましたがこの度は良い出物が有りご成約となります。



今まで沢山のロレックスをご購入になられておりましたが、やはり最後はプラチナデイトナを買ってみたいとの事で前々から考えて頂いていたご様子でした。


ただ、もうロレックスの正規店には通いたくないとの事でプレ値ながら当店でお買い上げ頂きました。




プラチナのデイトナと言えばその価格ばかりが取り上げられますが発表当時は最新技術の塊の様な時計でございました。

コマの間には樹脂製のパイプが通っており長年ロレックスの無垢モデルを悩ませてきたコマのヨレに対しての対策がなされたモデルでございます。

直接プラチナ同士がが擦れあわない様に白い樹脂のパイプがネジを覆っております。


そしてコマの脱落防止のためにネジが抜けてもコマ同士が若干噛み合う様にデザインされております。


ロレックスの無垢モデルの修理による長年の積み重ねによって外見からは分からないものの進化したブレスレットになっております。





そしてプラチナモデルには初投入のセラミック製のベゼル、これが何とも素晴らしい。

116500LNや116515LN(2011年初代セラベゼル)などのセラミックベゼルスポーツをお使いになった方はよくご存じかと思いますがベゼルがケースよりもわずかに大きめに作られておりますのでセラミックベゼルが盾となり傷が本当につきにくいです。


ですからデイトナの116500LNシリーズと同じ気持ちでノーチラスやロイヤルオークを着けるとボコボコになります。

デイトナは綺麗に使えましたが私は同じ感覚でラグスポを使うとかなり傷だらけになります。

そのぐらい防御力という点ではデイトナのセラミックベゼルは優れております。




まさに満を持して作られたデイトナだったのだと思います。



プレ値のみならずロレックスの技術力に目が行くとまた面白いモデルでございます。



長年お付き合いをさせて頂いておりますが今回も大きなモデルの納品に立ち会えて嬉しい限りです。


いつもお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

最後にプラチナデイトナ箱大きすぎないですか!?ショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス エクスプローラーI 114270 K品番 ケース状態極上 裏蓋正規シール残り中古美品 ご成約。

どうも。


先日はロレックス エクスプローラーI 114270 K品番がご成約。


今回は当店初購入のお客様でございます。


114270は本当に日常使いにうってつけの1本でして、ムーヴメントのcal.3130は残念な壊れ方を見たことが無いくらい頑丈な機械でございます。


近年のロレックスムーブメントは非常に強いトルクから生み出される力強い精度の安定のさせ方が魅力ですが、その反面凄まじい精度のズレを持つ個体も増えて参りました。


もう20年以上前の機械ですが自動巻きローターは簡単に外せますし、テンプブリッジもシングルからダブルになりましたので着脱もしやすいものに。


主要部品が簡単に外せるので修理技術者さんにも優しいムーブメントであり、かつ頑丈ですのでユーザーにも優しいムーブメントなのでございます。

事実長い事時計業に従事しておりますが、まぁおかしな修理になる事が少ない時計ですね。突然のアクシデントで言えばゼンマイ切れがほとんどといったところでしょうか。





そして何より軽さですフルコマでも105gほど、超軽量級ですね。


この軽さというやつはモータースポーツでも時計の世界でも禁じ手みたいなものでして

・装着感
・耐久性(当然重いものの方がブレスはヨレますし、ぶつけたら衝撃も大きい)
・長時間装着の疲労度

このあたりの項目は重量を120gを切ったあたりから格段に向上致します。



ステンレス時計を長年着けた方が毛嫌いしていたチタン素材の時計を着けるとそのあまりの快適さにコレクションにチタン素材が常に1本入る。ぐらい重量が軽い事で時計のストレス度を格段に下げてしまうんです。




今のロレックスは進化しましたが唯一この軽さを犠牲にして成り立っているところがありますのでそこだけは過去のロレックスに軍配が上がるのだと思います。




今まで現行ロレックスオンリーだったお客様は今回が5桁スポーツ初挑戦になるのだとか…

これからが楽しみです!!

気持ち良くお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。



最後に今日はエクワン着けて帰っちゃうぞショットで締めでございます。

投稿日:

オメガ スピードマスター38mm 324.30.38.40.06.001 グレー文字盤 2020年4月 国内正規ノンポリ極美品 ご成約。

どうも。



先日はオメガ スピードマスター38mm 324.30.38.40.06.001 グレー文字盤がご成約。



今回は当店常連のお客様でございます。


スピードマスターと言えば手巻きのプロフェッショナルモデルの42mmと自動巻きのアンダー40mmの2モデルが王道でございます。


今回は自動巻きの38mmモデルがご成約でございますが実際にお客様に使って頂いてその取り回しの良さに痛く気に入って頂けたご様子です。



普段はロレックスを使われる事が多いお客様でございますが、初めてのスピードマスター自動巻きとの事で恐る恐る今回は試して頂いたのですが20年前から比べれば外装の真価は凄まじくスカスカの空洞だったコマも無垢コマへと進化、バックルもガッチリとした観音バックルへとアップデートしております。



ロレックスヲタクとして培ったリサーチ能力を最大限生かして、今はオメガの研究が始まっておられるとのことです。



時計界隈もどんどん多様化しており、ダウンサイジングな36mm~40mmに人気が集まりつつもパネライの様な大径モデルも売れますし、旧世代カラトラバの様な33mmの小径モデルも活況です。

角時計ではカルティエのタンクが復権しており、今は時計好きの方々が流行りというよりはそれぞれ好きなモノを追及している様に見受けられます。




今まででは選ばなかった時計にトライしたお客様ですが、やはり新しい分野から得る喜びはまた違う時計道を示してくれているでしょう。

今度はトリチウムの極上雰囲気の個体なんかを営業したいなと私も企んでおります。


いつもお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

最後に受け継がれる銘品と共に初スピードマスターショットで締めでございます。

投稿日:

ロレックス サブマリーナデイト 16610 Y品番 2003年12月正規2021年9月OH 済付属完備ノンポリ中古極美品 ご成約。

どうも。


先日はロレックス サブマリーナデイト 16610 Y品番がご成約。



今回は当店初購入のお客様でございます。



「最近磨いていない5桁の良さに気が付いて探しております」


そうなんです。
一度知ってしまうと今まで自分が着けていたロレックスとの差が分かってしまうのでございます。

磨くのが悪という事では無く、


それまでに背負ったダメージ+メンテナンス技術の高さ=現在の品質


なのでございます。






例えばロイヤルオークやロレックスを大事に使っていて、僅かな傷があるぐらい。

それを正規の1ポリッシュしたぐらいだとほとんど分からないレベルで美しいです。

メーカーですからサテンを筋模様を入れる工程も統一されておりますので非常に綺麗な状態を保っております。


このぐらいの個体ならばほとんど新品と遜色の無い角の立ち方や鏡面の美しいさを堪能出来ると思います。





要注意なのは大量の当て傷、打痕がある個体をガッツリ鏡面を作りなおして、サテンの筋模様もルールに沿わない入れ直しをしているものですね。


鏡面は波打って美しい照り返しを生まないですし、そもそもの形状が変化しているものもあります。


そうなってしまうとメーカーが本来意図している意匠では無くなってしまうのでございます。




ちなみにメーカー以外のメンテナンスが悪いのかというとそうでは無く、メーカーの正規修理を含めて勿論上手い下手が存在致します。


総合的にダメージが少なく、良いメンテナンスを経ているものを選んで行きたいよね、という話でございます。




さて今回の個体は以前当店で販売したものの買戻し品となります。
それをネットアップした翌日に以前買い逃したお客様から連絡を頂けました。

新品で購入されてから正規磨き無しOHのみを施した極限まで良い個体でございます。


ダメージは最小限、メンテナンスも最小限にこういった個体は年々少なくなっております。


最近思うのはルミノバ夜光がヴィンテージになる日もそう遠くは無いなと思います。ただ違うのは以前より日本が資本力のある国家では無いので10年後の強い国にロレックス2000年代付近のモノは全て買われて無くなるだろうなという事です。


日本の5桁スポーツにUSA、イタリア、韓国、香港、シンガポール印鑑が多かったのは圧倒的な強者としての日本人の購買があったからこそ。


今の日本にUSA印が少ないのはその国から買える力が無いからこそ。海外の時計業者が日本の百貨店の印鑑のロレックスをたくさん持っているのを見ると時間差で日本から良質な時計の枯渇を予感させるのであります。




良質なノンポリッシュ5桁スポーツをより多く愛好家の方へ届けていきたいのであります。


気持ち良くお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。



最後に新幹線で飛んで来て頂けました。時計への情熱は距離を超えるショットで締めでございます。

投稿日:

パネライ ルミノールマリーナ オートマティック44 PAM00104 2007年1月I番 ノンポリ中古美品 ご成約。

どうも。


先日はパネライ ルミノールマリーナ オートマティック44 PAM00104 2007年1月I番 ノンポリ中古美品がご成約。


今回は当店初購入のお客様でございます。


パネライという時計は人を選びます。


その大きさから敬遠される方も多いと思います。
ただ私個人としてはどこまで鍛えて腕が太くなっても、大柄な方が装着しても大きいので是非トライして頂きたいなと思います。




今回はPAM00104、44mmのルミノールマリーナをお選び頂きましたが、機能や駆動方式、日付の有り無しで差はあれど44mmルミノールマリーナは130g~146g程度の重さに収まる事が多くおおよそロレックスのサブマリーナデイト程度の重量になります。(16610=136g、126610=158g)



重さで言えば現行サブマリーナ126610LNの方が全然重いです。

先入観でパネライは重くて大きいと思われている方が多いですが実は一般のダイバーズウォッチと同じぐらいの重さなのでございます。


今回のお客様も40mmのパネライをお持ちでしたがやはり44mmの本場の雰囲気を味わいたいということで今回はご購入頂きました。


私も44mmを愛用しておりますが、やはりその存在感と遠くから見ても分かるパネライのフォルムは他のメーカーでは代用が効きません。


敢えて普段使いは36mm~40mmの一般的なサイズの時計のみをコレクションされている方も是非トライして頂きたいです。ただ大きいだけでは販売開始20年ではここまでのブランドには昇りつめられません。

ステンレスを型に流し込んで造る鋳造ケースでは無く日本刀と同じ鍛造ステンレスケースを採用しておりますし、全く同じデザインを2度と作る事の無いオリジナリティもあります。

そして私の好きな1997年-2010年頃まではジラールペルゴからオメガ、レマニアからソプロド、ゼニス、FP、ロレックスなどなど世界の名だたるメーカーの機械が入っております。


デカ厚ブームなどと言われますが、パネライの時計製造当初は47mmのケースから始まっており、むしろ小型化してますので…



そんなこんなでパネライの接客ならいつでも喜んで対応させて頂きますのでいつでもお気軽にどうぞ。


そして今回もたくさんお話しさせて頂いて気持ち良く即決して頂きました。

気持ち良くお買い上げありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。



最後に明日からの出張にはこのパネライ着けていっちゃうぞショットで締めでございます。



投稿日:

ロレックス 1908 イエローゴールド 52508 白文字盤 2023年11月 初期ロットノンポリ極上美品 ご成約。

どうも。


先日はロレックス 1908 イエローゴールド 52508 白文字盤がご成約。


今回は当店常連のお客様でございます。



さて2023年新作の1908ですが個人的に発表当時から扱ってみたかったモデルでございまして、触ってみた感想としては確実にパテックフィリップのカラトラバを意識して作っているな、と感じる1本でございました。

やはり我々の様な時計販売店はどのブランドもフェアに比較できるというところが一番楽しいところでございます。

その面で他のメーカーのドレスウォッチと比べて圧倒的に良いと感じたのがバックルでございました。

今回の1908にはデュアルクラスプという新型の観音開きバックルが採用されております。


やはりダイバーウォッチを長く作っているだけあってバックルに対するロレックスの製品の完成度は群を抜いております。


こちらがデュアルクラスプなのですが、

左右どちらも独立してロックする事が可能でございまして、王冠マークの無い側をベルトに止めると、

こんな感じで片方だけが留まります。

そしてこの留め具自体がレバーになっておりまして先端を触るだけでロックの解除が可能になっております。


実はこれは耐用年数に大きく関わる問題でございまして、観音開きバックルは金属同士の摩擦で留めている事が多いので金無垢の観音開きバックルは年数が経つごとに緩くなってまいります。




しかし今回のロレックスのデュアルクラスプは左右それぞれが独立して中央部分の突起にレバーで嚙み合うように出来ております。

そうする事で摩擦では無く、嚙み合わせによってロックしているので長期間使用してもヘタらないバックルに私は見えました。




すいません。文字に起こすとすごく分かりにくいのですが簡単に言うとおおよそドレスウォッチに使う様なレベルの耐久性を大きく超えたバックルになっていると思います。他社のスポーツウォッチバックル以上な堅牢な造りです。

まさにロレックスらしいドレスウォッチの仕様だと思っております。





求められている性能や特性をしっかりと理解して、

「ロレックスに求められる堅牢性にしっかり答えたドレスウォッチ」

だと思います。



ドレスウォッチにもロレックスならではの個性を持たせる。そういうところが流石ロレックスです。


毎日使うリューズやバックルの完成度が高い時計は名機になりやすいですからね。今後のみなさんの評価が楽しみでございます。


いつもお買い上げありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。


最後に今日は流石に箱に入れて持って帰りますショットで締めでございます。